自転車から学ぶ、学びの4段階とは?

今日は息子の自転車に乗る練習をしました。

実は2回目でしたが、1回目はずっと20回は転んで、泣いていました。

ただ、今回は違います。

前回は私が押していて、手を放すとペダルを回すのをやめていまいました。段々タイヤが回らなくなり、転んでしまうのです。

そこで私は、今回は声を出すことにしたんです。

「足を止めるな~!こぎ続けて!」

何回も声をかけると、いつの間にか手を放しても前に進んでいました!

それを何度も転びながら練習していると、まだ曲がれませんが、まっすぐは走れるようになりました。

意識しれば、できるんです!

私たち大人でも、いろんなことを学びますよね?

学びには4つの段階があります。

1、無意識的無能レベル これは知らないことさえ知らないレベルです。 自転車すら知らない。

2、有意識的無能レベル 知っていてもできない。自転車は知っているけど乗ったことない。

3、有意識的有能レベル 意識すればできる。なんとか意識すれば乗れる。

4、無意識的有能レベル 無意識にできる。何も考えなくても乗れる。

私が世界NO.1目標達成コーチのマイケルボルダックから学んだのは、何事においても今どのレベルにいるのか意識しなくてはいけないということ。

大人は多くのスキルを学びますよね。

でも、案外できると思っていても、意識しないとできないことって多いですよね?

マスターするには無意識的有能レベルになる必要があります。それこそマスターへの道ですね!

子供から改めて学ぶことも多いですね☆

息子よ!あと少しで自転車乗りのマスターだ!頑張れー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA