仕事でやる気がでないときにモチベーションをあげる2つの方法

どうも!
ハイパワーメンタルコーチの三ツ井です。

本日は仕事でなかなかやる気がでないときに、一瞬でモチベーションを上げる方法をお伝えします。
知識は活用してこそ、力になりますので、この記事を読んだら、ぜひ実践してみて下さいね!

体と脳は繋がっている

あなたの体と脳が繋がっていることをご存じですか?

これがよくわかる実験が、うつ状態の人を見るとよくわかります。

うつ状態になってしまった人の体の姿勢を自分で実際にやってみて下さい。

肩はすぼめ
頭は下を向き
眉間にしわが寄り
目のチカラは抜け
呼吸は浅い

このような姿勢になってしまっているのではないでしょうか?

姿勢の良いうつ状態の人を見たことがありますか?

 

ネガティブな感情の時に上を向く

こんな実験があります。

うつ状態の人に上を向いて、うつ状態を感じてみるという実験です。

この結果、ほとんどの人はうつ状態を感じることができなかったということでした。

実際にあなたも今すぐに上を向いてみましょう!

どうでしたか?

あまりネガティブなことを考えれないのではないでしょうか?

これこそ、体の使い方で感情が変わってしまう証拠なのです。

 

 

あなたはネガティブなときに少しずつ姿勢が変わっている

もし、体と脳が繋がっているのをもっと知りたければ、周りの人をよく観察してください。

最初に自信があった人が、何かの瞬間に自信を失くしたとき、よーく観察していると体の姿勢に微妙な変化が現れます。

観察ポイント
・体の姿勢
・顔の表情
・声のトーン
・呼吸の仕方
・目の動き

このような部位に変化が現れます。

一瞬で感情を変化させるには姿勢を変えればいいのです。

 

 

一瞬でモチベーションをあげる方法①お祝いする

あなたがもし野球が好きなら、応援しているチームがホームランを打ったときに、どんな体の使い方をしますか?

きっと両手を上にあげ、顔は笑顔で、ジャンプしながら、「やったー!」を声を高くして叫んで、お祝いをするでしょう。

そのときの感情は最高の気分ではないでしょうか?

ここでの質問は、いいことが起こらなければ、喜んではいけないと誰かが決めたのか?
ということです。

誰も決めてはいません。

そうです!

何も起こらなくても、お祝いしていいんです!喜んでいいんです!

馬鹿みたいに聞こえるかもしれませんが、世界レベルのセミナーではいつも何もなくてもお祝いします(笑)
最初は恥ずかしいですが、成功者はほかの人とは違うことをしているのです。

気分が良くなれば、行動力が一気にあがります。

ぜひ皆さんと誰にも見られない場所でもいいです。
全力で馬鹿みたいに喜んで、お祝いしてくださいね!

 

 

一瞬でモチベーションをあげる方法②胸の位置をあげる

自分に自信のある人の姿勢をみたことがありますか?

自信がある人は背筋が伸びていて、胸の位置が高いのです。

ではどのように胸の位置をあげるのか?

これは深呼吸が一番早いです。

ではどのように深呼吸するのか?

①鼻から約4秒間、酸素を思い切り吸う。
➡この時に胸の位置が高くなります。
②吸ったまま息を8秒間止める
③そのまま8秒かけて息をゆっくり吐く
➡このときのポイントは肩の高さをキープしたまま吐くこと

これを10回繰り返してみてください。

姿勢も良くなり、脳に酸素が回り、エネルギーを感じるはず!

ヨガや体幹トレーニングなどでもいいです。

 

 

本日のアクションプラン

・ネガティブなことを考えたときに、思いっきりお祝いする。
・イマイチやる気が湧かないときは、深呼吸を胸の高さを意識して繰り返す。

場所がどこでもできますので、体の使い方を意識して、全力で体の使い方を変えてみてはいかかでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA