反復はスキルの母である! 

どうも!

スピードメンタルチェンジコーチの三ツ井です。

本日は今日の朝に起きた、息子との闘いから学んだことについてです。

 

32歳の大人が6歳の息子に惨敗!

今日の朝、息子とニンテンドースイッチのスマッシュブラザーズで戦っていました。

息子と言っても、まだ6歳の保育園児です。

息子はまだ字も読むことができません。

5対5で戦うことにしました。

その結果は・・・・・

 

 

 

 

 

惨敗(´;ω;`)まさかの1キャラクターも倒すことができませんでした。

ニンテンドー64時代はうまかったはずなのに。

その後、少しトレーニングをして再戦を息子に申し出て戦いました。

その結果・・・

 

 

 

 

 

惨敗。

なぜ勝てないのか?

 

息子は暇な時間に常にトレーニングをして、無意識に手が動いています。

私は、説明書を思い出しながら戦っています。

反復していれば、大人も小さな子供にも簡単に負けてしまうのです。

 

 

反復こそが成功への秘訣

本を読んだり、セミナーに行って満足した経験がある人は多くいると思います。

いわゆるセミナージプシーです。

別名は自己啓発病とも言われます。

知識というものは使えなければ、価値はありません。

知識や情報を活用できるようになるには、まずは自分がそれを誰かに説明できるレベルである必要があります。

私の元にも、多くの自己啓発なビジネス本を読んだけど、現実が変わらない人がたくさんいます。

 

私「何の本を読みましたか?」

相手「7つの習慣を読みました!」

とここまでは自信満々です。

私「どんな内容でしたか?」

相手「あの・・・覚えていません。」

 

こんな状態がよく起こります。

覚えていないのに、どうやって活用することができるのでしょうか?

もしこんな状態が続いてしまっていたら、何冊読んでも「自分は変われない」と責めてしまい

もう勉強すら嫌になってしまうのではないでしょうか?

 

すべて読んでも覚えていないくらいなら、少しだけ読んで、すぐに活用して、身に着けたほうが、

よっぽど価値のあるものになります。

その積み重ねが大きなスキルになります。

 

すべての成功は反復にあります。

成功者は何度も反復しているからこそ、自分にも活用して、相手ににも教えてあげることができるのです。

「反復はスキルの母である」

重要なマインドセットです。

本日のアクションプラン

・本はまずは、少し読んだら、すぐに活用しよう。(全部は読まなくてもいい)

・本なら重要だと思う箇所を何度も飽きてしまうくらい読んでから、次に進もう。
最初から速読なんかを考えない方がいい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA