7つの心理法則(その4)信念の法則

こんにちは。

スピードメンタルチェンジコーチの三ツ井です。

第4の法則お待たせしました!

本日は……

第4の心理法則 信念の法則

信念とは何でしょうか?

信念とは、簡単にいうと、あなたが熱意を持って心から信じていることは何であれ、それは信念です。あなたがその信じていることの確信度の度合いです。

なぜ信念が大切なのでしょうか?

あなたは無意識でも意識しても、信念に沿った行動とるようになっていきます。

今現在のあなたは、その信念があなたの内に秘めた強い信念が外に現れたものなのです。

積極的にしろ消極的にしろ信念は現実になります。

ヘンリーフォードのはこう言いました。

「できると思っても、できないと思ってもあなたは正しい」

できると思えば、できる。できないと思えばできないのです。

脳は、何かを強く信じればその信念がフィルターとなって目的に必要な情報だけを取り入れるようになっているのです。

簡単に言えば、私たちは自分に見えない眼鏡を通して、出来事を解釈します。

その眼鏡のひとつが信念なのです。

その信念が「〇〇できない」「〇〇ない」だと・・・

もし、あなたが無意識によく、私にはできない・・と、私には経験がないなどを考えてしまうとしたら、それはよくない信念を持っているかもしれません。

もし、「私は〇〇できない」という眼鏡をかけて、外を見てしまったら、すべてができないように見えてしまいます。

信念はあなたの考えの確信の度合いです。

信念はよく、すべてが良い意味で理解している人がいますが、あくまで、あなたが信じている確信の度合いなのです。

だから「私は馬鹿だから、新しい挑戦はできない」と言ったりする人は

「私は頭がよくない」という眼鏡をかけて、外の世界を見てしまっています。

その眼鏡を外さない限り、何かチャンスが訪れるたびに、「私は頭が悪いからできない」と言って、チャンスを捕まえることができないのです。

逆に「私は頭がいい」という眼鏡をかければ、外にあるチャンスも「私は頭がいいから必ずできる」と思って、どんどん積極的にチャンスに向かって行動し、成功することができるのです。

だからこそ、どんなマイナスに働く信念の眼鏡を持っているのかを知る必要があるのです。どんな眼鏡を持っているかを知らずに外すことはできないのです。

人間の信念は無意識によるものがほとんどです。それを意識的に外すことができることによって、プラスに働く信念の眼鏡に変えることができるのです。

今日のアクションプラン

自分自身に質問してみよう!

ステップ1:あなたの目標は何ですか?

ステップ2:その目標を達成する自信は1~100でどれだけ感じますか?

ステップ3:(もし、100でないなら)なぜ達成できないと思うのか?

その答えのすべてがマイナスに働く信念の眼鏡です!

まずはどんな理由があるのか、素直に思ったことを上げてみよう!

「〇〇できない」、「〇〇ない」というイメージで答えがでてくると思います!

では次回は第5の法則です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA